ページの先頭です

内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、細い管を肛門から大腸内に挿入して写真撮影を行いながら、大腸の病気の診断をする検査です。

注意事項

  • 前日の夜お休みになる前に、医師の指示通り下剤をお飲み下さい。
  • 前日の朝と昼は普通のお食事を摂ってかまいませんが、夕食では便中に固形物として残りやすいもの(海藻類、きのこ類、果実類、ねぎ、皮付トマト、とうもろこし、枝豆、切り干し大根、こんにゃく、しらたき、等)は避けましょう。過度な飲酒もおひかえ下さい。
  • 検査当日は絶対に朝食を摂らないで下さい(水は結構です)。高血圧・心臓病のお薬を常用されている方は、服用してきて下さい。
  • 来院されましたら、大腸をきれいにするために2リットルの洗浄水をお飲みいただきます。検査時間は約20分です。
  • 検査後は普通にお食事をされて結構です。
  • 軽い鎮静薬を使用することがあります。お車での来院はお控え下さい。

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査は、細い管を口から挿入して写真撮影を行いながら、食道・胃・十二指腸の病気の診断をする検査です。

注意事項

  • 前日の夕食は軽く摂り、夜10時以降は何も食べないで下さい。少量の水分は結構です。
  • 検査当日は絶対に朝食を摂らないで下さい。高血圧・心臓病のお薬を常用されている方は、少量の水で飲んできて下さい。
  • 検査は10分くらいで苦痛もなく済みますが、その後、のどの辺りのしびれた感じがとれるまで飲食はしないで下さい。
  • 検査の後、病理組織検査をされた方は1時間程度お食事は摂らないで下さい。その日1日は安静にし、おかゆ・うどんなどの柔らかい食事を摂りましょう。翌日からは普通の食事で結構です。
  • 軽い鎮静薬を使用しますので、お車での来院はお控え下さい。